ツイートアダーでのIP分散とそのやり方

ツイートアダー IP分散用の格安IPアドレスを取得する

MPPというサービスで日本の10分の1の価格でIPアドレスが取得できます。

MPPでのIPアドレス取得はこちらから

1度に大量のTwitterアカウントを同時運用することはアカウント凍結原因の1つです。

 

ツイートアダーで3アカウント以上同時運用するならIP分散は必須です。

 

1度に大量のTwitterアカウントを同時運用する場合

各アカウントのIPアドレスをしっかり分散しておかないと

同一IPアドレスでの大量アカウント運用を理由に凍結されてしまいます。

 

そこで役立つのがIP分散用の格安IPアドレスです。

 

MPPという海外のサービスを利用すると

プライベートIPアドレスを格安で借りる事が出来ます。

mpp

 

通常、IPアドレスをレンタルしようとすると

共用IPアドレスといって、他人とシェアするタイプのIPアドレスが一般的です。

しかし、共用IPアドレスを使っている赤の他人がスパム行為を行った場合

そのペナルティがあなたにも及ぶ可能性がありとてもリスクのあるIPになります。

 

 

 

ところが、MPPで取得できるのはあなたしか使えないプライベートIPアドレスです。

なので他人のスパム行為によってペナルティを受けるリスクがありません。

 

さらに、万が一あなたが借りているIPアドレスがペナルティを受けてしまった場合

無料で別のプライベートIPを新規で取得する事が出来ます。

 

こうしたきめ細かいサービスを日本の相場の10分の1の価格で利用できるのがMPPです。

 

MPPでのIPアドレス取得方法 動画解説

取得したIPアドレスをツイートアダーに設定する方法